2009年09月13日

(7)交流会、勉強会でプレゼンテーションを学ぼう

ビジネスの現場ではプレゼンテーション(略してプレゼン)という言葉をよく使います。
一般的に商品や計画などを、その場に居る人に対して発表(伝達)する事ですよね。

例えば、大阪市が新しいビルディングを建築する場合
数社の建設会社を呼び、コスト、デザイン、特性などを競わせる発表会。

あるいは、一顧客に対して、一業者が様々な情報や資料を提供して
商品を売り込む事もプレゼンテーションの一種だと思います。
また、今流行の婚活パーティーで、自分を売り込む事もそうでしょう。

このプレゼンテーションというのは
ビジネススキルで最も重要な要素だと思います。
なぜなら、自信を持って商品を発表出来ない会社から
モノを買ったりする事が出来るでしょうか。

大量生産、大量販売の時代が終焉しようとしている今
いかに自分にあった商品やサービスを提供してもらえるか
を消費者は求めているのです。

職種や担当部署によっては
プレゼンテーションをすることもされることも全く縁がないと
いう人も多いかも知れません。

ここで、交流会、勉強会が役に立ちます。
交流会、勉強会の中では結構自己紹介タイムなどあると思います。
自己紹介も一種のPRであり、プレゼンテーション練習の場です。

『沈黙は金なり』・・・と余り目立つ事を良しとしなかった風土のためでしょうか
なかなか日本人と言うものは自己表現が苦手な方が多いのが現実です。

会社では会議なんて言っても・・・・・本当の論議は行われず
単なる報告会ってことになってませんか。
ひどいのになると上司が一方的にシャベリまくり。。。では会議は終ります。
それのどこが会議やねん!(・・・・・その話は置いてといて)

では、どうすれば自己表現がうまくなるか?
答えは一つ、練習しかありません。
まず、声を出して練習してみましょう。
最初は原稿を書いて朗読からでも構いません。

人間性は別にして自己表現(PR)ができない人間に
良い人脈なんて出来る訳ありません。

なぜなら、自分を分かってもらって、
相手をよく知ってやっとよい関係になるのです。
最初から黙っていても分かり合える?・・・それは単なる友達ごっこです。

話し方のうまさを言っている分けではなく、
自分を出す術のことです。
自分がバリアーを張っては無理なのです。
posted by 全国交流会情報 at 07:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

36歳なのに童顔とか反則だよなー!!www(*゚∀゚)=3
マンちゃんの毛を剃らしてもらったらさらにロ-リ度パワーアップしたしwwwww
でも30代なだけあってプレイはかなり激しいなwww俺の上であえぎ声出しながらずっと腰振ってたよんwwwww

http://GOM.CHUEBRARIN.com/j1nyzx4/
Posted by ヒーハー!! at 2009年09月15日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。