2009年10月04日

(10) 情報発信基地になろう

良い人脈を持つためには自らが『情報発信基地』になる必要があります。
良い情報を得るには、自らが良い情報を発信しないといけません。

聞き手オンリーという方、自分では情報を他人に与えない方
・・・・・貴方は一生人脈なんて持てませんよ。
控えめな性格、口下手だから、学識がない、自信がない
とかそんなこと一切理由になりません。

同業種、異業種に関わらず相手から良い情報を得たら
こちらも同等以上の情報を返す、基本中の基本です。
他人から与えてもらうだけの方を『情報泥棒』と呼んでも良いでしょう。

本当に良い情報を持っている人は
『情報泥棒』から次第に逃げて行きます。
なぜならそんな人とつき合っても時間の無駄だからです。

また、これから時代は特に『良い情報』がお金になるのです。
人の話ばっかり聞いて自分から何も伝えようとしないのは
他人の家でただ飯を食っているようなものです。

ではどうやればよい情報を発信できるようになるのか。
何かの秘密を握っているとか、
特別の探偵ごっこをするとかそんな事は必要ありません。

1.新聞を毎日丹念に読む。
2.独自の感じ方考え方を次第に掴む。
3.周辺のあらゆる人に世間の事象について(自分の考え方を)ヒヤリングをする。

この3点でまずは修練しましょう。
この忙しい現代社会、新聞を丹念に読むのは意外に疲れることです。
朝はバタバタするし、通勤時の満員電車でとても新聞なんて読めない。 
テレビのニュースで充分だ。そんな方も多いでしょう。

新聞の流し読みや見出しだけでも充分世の中の動きは分かるかもしれません。
ですが、じっくり熟読するクセをつけないと独自の視点というのが養えません。
読むことは考えることなのです。

また、それらの独自の視点で捕らえた自分なりの論旨を周りの人に
ヒヤリングする。家族でも社内の人でも良い。

同僚とは競馬の話か野球の話しかしないと言うのであらば
ビル清掃のおばちゃんや警備員さんでもかまいません。
株式情報や銀行の金融商品の情報は実はお年寄りの方が
我々現役第一線よりすごく詳しい場合があります。

1.新聞・熟読

2.独自の視点(考え方)

3.ヒヤリング

この三段活用がよい情報を発信できる第一関門なのです。
『あいつは〜のまるかじり』とか『受け売り』言われる方は
特に2.独自の視点を鍛えるべきです。

事象だけではなく、考え方までマルゴト他人のマネをするから
受け売りと言われるのです。

流行本の思考法やどこかのニュースキャスターのコメントなどそのまま使えば
逆効果です。自分の考え方で、自分の言葉で、自分の考えを述べる訓練をする。
そうすれば次第に良い情報が発信できるようになります。

町の看板にも、チラシ配りにも人々の服装や仕草にも
関心が湧き、独自のオリジナル発想能力に変わっていくはずです。



追伸、(私の周囲を見ると)一人暮らししている若い方は
新聞を定期購読していないケースが非常に多いですね。
確かに安い給料の中から家賃や食費を払っただけで苦しいのに
月5千円弱も必要な新聞代はもったいないという感覚は理解出来ます。

必要なニュースはインターネットで取ります。
携帯電話でも読めます。という声が多いのです。
その携帯電話代を少し節約すれば新聞代ぐらいでるはずです。

新聞を毎日読まないと知識や興味が拡大せず
情報収集術も身につきません。




posted by 全国交流会情報 at 07:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

http://Zoom.Sersai.com/f35ghum/
ココの常連にいる米青 子 大 好 き 女はヤバいな!!!!
10回くらい出してぜーんぶ飲み干したくせにまだ飲みたーいとか言ってたしwwwww
マジで全部飲まれるかと思ったわ!!ブルブル(( ;゚Д゚))ブルブル

ま、代わりに10マン+寿司とかなりウマかったんだけどねwww体力的にきっついわwwwww
Posted by バーボンさん at 2009年10月04日 09:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。