2009年11月15日

(13) 自ら交流会や勉強会を作って見よう(準備編)

本日より、いよいよ第二部です。
今度は参加者の立場ではなく主宰者の立場から書いてみたいと思います。

実はなかなか自分のピッタリの交流会や勉強会って少ないものです。
なぜなら、交流会や勉強会を主宰している人にはそれぞれ特徴(クセ)があり
誰もが馴染めるものではないからです。

交流会や勉強会の特徴(クセ)は
大きく分けて三つパターンが見受けられます。

一つ目は交流会や勉強会を主宰者のビジネスに活用しているパターン。
これを仮にAパターンとします。

(参加者にネットワークビジネスに勧誘・・・
とかいうのは除外します。話にもなりませんから)。

交流会や勉強会組織自体をビジネスにしているものから
その組織力を使って別事業をリンクさせているものなど様々です。
見分ける方法として会費やその他の活動費が高額です。
また、入会審査も設けています。

考えれば、全国的な〜会議所、〜クラブ、各財界団体とかも
ある意味異業種交流会と言えます。

会費も活動費用(寄付等)もかなり高額です。
入会審査も厳格で会員になるだけで名誉とされています。
ですが、この様な所は通常社長の御曹司とか大企業のトップエリートしか
入る事が出来ません。下っ端のサラリーマンでは到底無理です。

中には仕事を取るために会社の命令でサラリーマンでも入会する例もありますが
会費など基本経費は会社持ちだとしても、二次会などのお付き合いが結構大変です。

Aパターンはここまで高額会費ではありませんが
必要経費をかなり見ている場合が多いです。
会の運営を法人組織(株式会社やNPO法人)でしているものさえあります。
払ったお金はキチンと領収書をもらえますが
収益が出れば会を運営している法人組織のものです。


次に、Bパターン。
会費も実費を完全に人数割り。
極端な場合ワンコイン超低価格で開催している所有り。
大学のサークルのノリで間口は広く誰でも参加できます。

主宰者は、ボランティア精神旺盛で
どちらかと言うと交流会、勉強会オタクって言うのでしょうか
趣味でやっている(と思える)感じ。
(オタクが悪い言っているワケではありません。)

よく見ると会の目的は(仲間作りであるとか)明確ではなく
交流の為の交流というニュアンス。

一般的に害が少ないですが、交流会、勉強会を通じて
スキルアップを目指す人は物足りない気もしします。
いくら会員数が多くても自分を磨いてくれる価値ある人が少なければ
参加している意味がありません。

やたらと活動が多いのも特徴です。
この主宰者はいったいいつ本業の仕事をしているのだろうと
疑問に思ってしまいます。


最後はCパターン。
内容重視で目的意識が高い交流会、勉強会。
主宰者経費もある程度見る替わりに質の高い外部講師を招いたり
毎回明確なテーマを設けているのが特徴です。
会員基準もしっかりしている所が多いです。

難点は、主宰者や会員のレベルが高いほど新しい人が溶け込みにくい点です。
営業目的で入ってきてもなかなか仕事に繋がりません。
仮に参加は簡単でも信用してもらうまでに時間がかかります。
ですが、一度信頼関係が出来ると強固な関係となります。


さて、こうやって見ると、どのパターンも一長一短があり
どれがベストとはいえません。

貴方が何を目的に交流会や勉強会を創設するのかが重要なのです。
仮に仕事(お金)を得る為としても
目先の小銭(営業成績)が欲しいのか
将来の大金(でっかい仕事をするために自己研鑽する)のか
によって違ってきます。

企業が公的融資や助成金に強くなる方法
posted by 全国交流会情報 at 07:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マジだwwwwwティOコが欲しいって終わったら5マソくれたしw
http://crackedpudDIng.com/lp/sgurpdl
Posted by たけ at 2009年11月21日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。